Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
New Entries
Category
Archives
Search
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
「キングスマン」

 マーク・ストロング主演の映画「教官はつらいよ」を観た。


 えー。あれってコリン・ファースの「キングスマン」だったの。そうかそうか。そうだったそうだった。


 マシュー・ヴォーン最高。マシュー・ヴォーン万歳。マシュー・ヴォーン変態(誉め言葉)。


 「キック・アス」よりも残酷さはあっさりめ、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」よりもスパイ要素がモリモリ。本家の「007」があんな感じ(笑)だから、マシューは魅力的なガジェットでいっぱいのスパイ映画を撮りましたとさ。


 オッサン好きなぼくからすれば、コリン・ファースとマイケル・ケインとマーク・ストロングのスリーショットが見られただけで、もうお満足。


 マシュー作品って奇抜な演出で有名だけど、意外と話が面白いんだよねー。今回もうだつの上がらない普通の少年が、先天的な能力と偶然的かつ必然的なチャンスを得て、竜を倒し、功成り名を遂げて、なおかつ王女まで手に入れてしまう。神話か。スター・ウォーズか。


 終始ニヤニヤしっぱなしなんだけど、クライマックスの連続花火のシーンは、まさに抱腹絶倒。いやー、こんなバカ映画、なかなかお目にかかれないよ。本当に、心底、バカ(笑)。


 せっかく楽しい映画で、続編もできそうなのに、マシューったら今回も一作目だけで監督おりちゃうんだろうな。残念。



posted by: ※へんにー | 見る聴く読む | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 17:32 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://yutanpo.jugem.jp/trackback/2196
トラックバック