Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
New Entries
Category
Archives
Search
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
「アリスのままで」

 何やかんやでチョー久々の更新。おげんこ?(死語)


 来週末だかに公開される映画を一足お先に鑑賞。アレック・ボールドウィン主演の「アレックのままで」を観た。


 え。あれってジュリアン・ムーア主演の「アリスのままで」だったの。そうかそうか。そうだったそうだった。


 若年性アルツハイマーを患った女性言語学者とその家族のドラマ。


 主人公の中から何かが「抜け落ちていく」描写が半端なく怖いんですけど。言語の専門家が言語を忘れていくという、衝撃的かつ意地悪(笑)な展開が効果的。


 病気って多かれ少なかれ何かを失うものだけど、そのとき自分はどう向き合うのか、そして周りの人間はどう接すれば良いか、みたいな部分も丁寧に描かれていて好印象。


 ジュリアンの熱演がやたらと記憶に残る。リメイク版「キャリー」の母親役も凄かったけど(関係なし)、徐々に変化していく主人公を見事に演じきっている。


 そして我らがアレック兄貴。変化し動揺する主人公に優しく寄り添う夫を控えめに演じていて、またまた株を上げた感じ。


 やっぱり役者はオッサンとオバサンだよね。間違いない。


【ネタバレ注意】


 結局アルツハイマーなんて治る病気ではないので、どうやってもハッピーエンドにはならないよなあ、どう落とし前つけるつもりなんだろうなあ、と思っていたけど、まあまあきれいなエンディングを用意していて、さすがだねと思ったり。

 映画の冒頭でジュリアンが写るシーンはすべて紗がかかってる気がしたんだけど、どうだろう。


 記憶が曖昧になってぼんやりしていく様子を描きたかったのかな。それとも後半ノーメイクでがんばるから前半はキレイに撮ってよとジュリアンが監督に直訴したのかな。


 自分が主人公だったらとか、主人公の伴侶だったらとか、主人公の家族だったらとか、色々と考えさせられる。


 主人公のアルツハイマーは家族に遺伝する確率が50%という破壊力を持っていたけど、自分が10代とか20代で医者に「遺伝してる」と言われたら、どんな気分だろうな。


posted by: ※へんにー | 見る聴く読む | 09:41 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 09:41 | - | - |-
更新されてる〜。
肉離れをこじらせて、どうにかなってしまったのかと。
お元気そうでよかったです。じゃ。
| gatachan | 2015/06/20 3:32 PM |
>gatachan
ガタチャン!?
最後の更新が肉離れってのが何とも…(^-^;
| ※へんにー | 2015/06/20 8:59 PM |









この記事のトラックバックURL
http://yutanpo.jugem.jp/trackback/2189
トラックバック