Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New Entries
Category
Archives
Search
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
やっぱり映画が好き
 驚いたことに、7月の「GODZILLA」を最後に8月9月は一回も映画館に足を運んでいなかった。まるまる二ヶ月も映画館に行かないなんて、おのれ、不覚。

 10月から映画館通いを復活したんだけど、今度はブログの更新が滞ってしまい、映画の感想を書かずに今日まで生きてきた私。

 ということで、10月以降に観た映画の感想をまとめて書いてみるテスト(テストか)。


「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
 10月3日に鑑賞。マイケル・ルーカー主演の「やさくれラスカル」だっけ(誤)。80年台の音楽とスペースオペラが最高の組み合わせ。鬱々としたDCと違い、マーヴェルは明るく楽しくて良いね。ギャグ満載の宇宙活劇、楽しかったー。まさにスペオペ!! もうスターウォーズとか作らなくて良くね?(笑)

「猿の惑星:新世紀」
 10月30日に鑑賞。ジュディ・グリア主演の「モーションキャプチャー芸人」だっけ(誤)。リブート版「猿の惑星」の第二弾は、前作よりスケールもドラマもパワーアップ。差別・偏見問題から対立・戦争の発端までをも描いて見せる意欲作になった。それにしても、おれのジュディに猿を演じさせるなんて、もったいなさ過ぎ!!

「6才のボクが、大人になるまで。」
 11月14日に鑑賞。イーサン・ホーク主演の「ビフォア・ドーン」だっけ(誤)。同じキャストとスタッフ(監督)が12年かけて撮り上げた、びっくりするほど何も起きない大河プライベートフィルム。壮大かつ斬新な映画制作が高い評価を受け、もしかしたらアカデミー賞で大暴れするかも。ぼくの中でも今年のベスト3に入る内容。そこにあるのは、まさにひとつの人生。観客であるぼくらは、親戚のおじさんおばさんのような目線で、少年の成長を見守ることになる。リンクレイターもイーサンも気長過ぎだろ(笑)。

「フューリー」
 12月2日に鑑賞。ジョン・バーンサル主演の「タンクボーイズ」だっけ(誤)。ぼくの中では「プライベート・ライアン」をあっさり凌駕するほどの傑作。キャラクター造形が素晴らしく、五人の描き分けも完璧。敵味方で色分けされた曳光弾はスターウォーズみたいだったけど(笑)、全般的に分かりやすく的確な演出だった。内容は恐ろしく重苦しくグロテスク。ちょっと死亡フラグが多すぎておかしかったけど。プラピの、作品を選ぶ目は揺るぎないね。

「インターステラー」
 12月9日に鑑賞。マイケル・ケイン主演の「2014年:宇宙の旅」だっけ(誤)。SFとしても人間ドラマとしても点数は高くない気がするんだけど、作品としてはめちゃめちゃ素晴らしいという、何とも不可思議な作品。実物大のセット、徹底的なロケーション撮影など、CGを極力廃した撮り方は「2001年:宇宙の旅」とか「サイレント・ランニング」とか、往年のSF映画を彷彿とさせる手触り。色々ツッコミどころは多いんだけど、アン・ハサウェイの接近遭遇で大号泣。その他にも泣きポイントが満載で、まさか相対性理論で泣かされるとはな!!

「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」
 12月21日に鑑賞。志村けん主演の「スターウォーズ:ホースの目覚め」だっけ(誤)。一見さんにも対応できるよう歌に乗せて作品世界を紹介するオープニングから始まり、幅広い層にアピールできる年代別のギャグを用意するなど、相変わらずのあざとさ(笑)。でもうっかり面白くて、最後まで飽きずに見ることができた。東宝の新たなドル箱が誕生しちゃったね。

「ゴーン・ガール」
 12月25日に鑑賞。ニール・パトリック・ハリス主演の「ガールじゃねーだろ」だっけ(誤)。謎が謎を呼び、次々に真実が明らかになるノンストップ・サスペンス。凝縮された筋運びは、客を飽きさせないどころか休ませてくれない。デヴィット・フィンチャーは得意の映像美を抑えて、あえてストーリーテリングに徹した感じ。結果、すっごく面白い映画なのに、印象に残るのはロザムンド・パイクの演技だけになっちゃって。不快な音楽は良かったけど。あとベン・アフレックの双子の妹を演じた女優が素晴らしくて、それだけでも観る価値あり。あ、ベンアフの不倫相手もえがったなあ。
posted by: ※へんにー | 見る聴く読む | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 11:34 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://yutanpo.jugem.jp/trackback/2185
トラックバック