Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
New Entries
Category
Archives
Search
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ぼくはこんな映画を見ています

またまた間があいちゃった。最後に更新したのは6月20日ですってよ、奥様!

 

で、今回も「ぼくが見た映画の数々を一言感想とともに記録しておくスレッド」なので、興味のない人はメンゴメンゴ(死語)。

 

「シン・ゴジラ」
 BD買って、もう何回見たことやら。何度見ても面白いんだもん。政府の会議室コントが面白すぎて、ゴジラ邪魔!と思うこともしばしば(ダメじゃん)。

 

「悪魔を見た」
 頭のおかしい二人の鬼ごっこ(笑)。韓国映画って死体損壊好きだよね、ってのは言い過ぎ?イ・ビョンホンは目が良いね。

 

「キャビン」
 トンデモ映画キター。ま、こういう手も一回は使えるかな。一回限りだけど。

 

「マグニフィセント・セブン」
 何でこんな面白い映画があったことを誰も教えてくれないの?オリジナル「荒野の七人」より面白いなんて!クリス・プラットの良さが炸裂。イ・ビョンホンとドノフリオとサースガードって最高か!

 

「モンスターVSエイリアン」
 ベッキー良かったよ!(笑)

 

「ヒックとドラゴン」
 ちょっぴりほろ苦な感じも含めて、すごく良い映画!オリジナル声優はジョナ・ヒルとかクリステン・ウィグなのね。

 

「インサイド・ヘッド」
 竹内結子も大竹しのぶも良かったよ!内容も面白くて、家族全員お満足。

 

「俺たちフィギュアスケーター」
 日本ではまったくウケないウィル・フェレルの「俺たち」シリーズ。最高に最低で良いじゃん。まさかのフィクトナーに、ぼくだけ大喜び(笑)。

 

「血まみれスケバンチェーンソー」
 すまん。ダーリオのお尻が見たかっただけ。ただそれだけ。

 

「わたしはロランス」
 愛妻※ふらんそわーずが生前に見たがっていた映画。冒頭10分が全然面白くなくて辛かったけど、そこを越えたら面白かったよー。

 

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル」
 あれー。ぼくは面白かったんだけど、世間一般の評価は低いのね。ハモンの一択でお願いします!

 

「007 スペクター」
 「カジノロワイヤル」「スカイフォール」より下で「慰めの報酬」よりは上って感じかな。レア・セドゥとクリストフ・ヴァルツではちょっと弱い?

 

「ミニオンズ」
 もうあの声だけでツボ。天海祐希も良かったよ!

 

「怪盗グルーの月泥棒」
 「ミニオンズ」からのオリジナル。何度見ても良いねえ。本家「007」より音楽がイカしてない?

 

「ペット」
 これまた面白かった。バナナマン設楽も良かったよ!

 

「ビッグ・リボウスキ」
 コーエン節全開で、ジョン・グッドマンが相変わらずやりたい放題。そしてジョン・タートゥーロ!あんた最高だよ。

 

「ヒットマンズ・ボディガード」
 あれあれあれ。予告編の方が面白かったんじゃない?サルマ・ハエックがサミュエル兄貴ばりにFワード連発してるのは良かった。

 

「ガール・オン・ザ・トレイン」
 女優が全員素晴らしいね。たまらんね。特にヘイリー・ベネット。

 

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」
 エド・ハリスって本当に悪い奴なんじゃないかと思う。

 

「ザ・セル」
 ターセム・シンは「ザ・フォール」の方が良いね。ジェニファー・ロペスの尻はウォーク・オブ・フェームに残してほしい。あとドノフリオは気持ち悪すぎ。

 

「貞子vs伽椰子」
 山本美月は良かったよ!最後のオチは予想してなかったから、本当に笑えて良かった。

 

「リリーのすべて」
 とっても良い映画だったけど、泣きはしなかったかな。もちろんベン・ウィショー最高。アンバー・ハードも悪くなかった。

 

「ピッチ・パーフェクト」
 アナ・ケンドリックとレベル・ウィルソン目当てで見たけど、良い映画!続編も見ないといかんね。え、3作目もあるの?おえー(本編とシンクロ)。

posted by: ※へんにー | 見る聴く読む | 11:07 | comments(6) | trackbacks(0) |-
ハイラルに死す

 何を隠そう、Nintendo Switchが欲しかった。(衝撃の告白)

 

 「ゼルダの伝説」というゲームがすこぶる評判が良いのと、夏に「スプラトゥーン」というゲームが出るのと、いずれ『ドラゴンクエストXI」というゲームが出るのと、さらに言えばマリオとかポケモンなんかの新作も出る予定があるので、いつかは買わねばならない宿命にあるからだ。

 

 でも、ハードが売り切れまくりでまったく手に入らない。リアル店舗にもないし、ネット通販にもない。Amazonなんか転売屋が通常価格より1万も2万も高い値段で出品している。楽天も同様。

 

 たまにネット通販をチェックしては、今日もないなあとため息をつく日々が続いていた。

 

 ところがある日ネットで「Switchは金曜の夕方に店頭に並ぶことが多い」という記事を読んだ。マジすか学園!

 

 だけど金曜の夕方にリアル店舗へ行くなんて無理だよねー、仕方ないよねーと思っていたものの、よく考えたら、リアル店舗に入荷されるんだったらネット通販でも同じことが起きるんじゃね?という結論に達し。

 

 ということで金曜の仕事中、ヨドバシドットコムのSwitchの販売ページを開いて、他の作業をしながら何回かリロードしてみたわけ。

 

 調べ物してはポチ。

 

 テキスト打ってはポチ。

 

 リモコンがグレーのやつと、リモコンが青赤のやつがあって、両方とも当たり前のように「予定数の販売を終了しました」みたいな文言が表示されるのみ。

 

 そりゃそうだよなあと思いつつ、さらに何回かリロードしていたら、グレーの方が「明日お届け」みたいな表示になって、おったまげ!

 

 急いで購入手続きに入ろうとしたものの、ヨドバシのパスワードを確認したりして戸惑っていたら、あっという間に完売しちゃいやんの。これまたびっくりぽんや。

 

 あーあ、惜しかったなあ、と思いつつ、ダメもとでもう一回リロードしたら、今度は青赤の方が「明日お届け」表示になったので、今度は光の速さで購入手続きに進んで、結果、意外とあっさり目にゲットできてしまい。

 

 とりあえず子供用に「マリオカート」と、自分用に「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド」を購入し、翌日土曜日の到着を待つことに。

 

 で、この後「ゼルダ」の話をしたいんだけど、Switch入手のくだりで書きすぎたため、続きはまた次回ってことで。(引っ張るな)

posted by: ※へんにー | ゲーム | 17:30 | comments(4) | trackbacks(0) |-
面白いマンガ

つい最近、ものすごく面白いマンガを見つけてしまいまして。


『ONE PIECE』っていうんですけど。


というナイツ的なオープニングでお届けしたけど、実はつい最近『ONE PIECE』デビューを果たして。


以前から興味はあったし、周りにものすごく『ONE PIECE』が好きな友達もいたんだけど、ついつい波に乗り遅れて、マンガもアニメも意識的に遠ざけていたの。つい最近まで。


だけど友達の家に遊びに行ったら『ONE PIECE』が全巻揃っていて、だけどその日はその家の子供がまとわりついてきていて読めなくて、とりあえず1巻から5巻までを借りて帰ったわけ。


で、読み始めたら、これが本当に面白くて!


何でこんなに面白いマンガを、今の今まで誰も教えてくれなかったのか。びっくりするわ。逆に。


子供が通っている歯医者にアカガミさんという名前の歯科衛生士さんがいて、いっつも楽しいトークを繰り広げて仲良くさせてもらってるんだけど、友達家族が彼女のことを「シャンクス」と呼んでいたので、ぼくも意味も分からず同じように呼んでいた。


だけど今回『ONE PIECE』の第1巻を呼んで、改めて「シャンクスー!」と(笑)。


長男※王子もあっさり5巻まで読み終えたので、さっそく次の5巻を借りに行かなくちゃ。


ま、今さらアニメを追いかけようとは思わないけどね。とりあえず目指せコミックスのコンプリート。人んちのマンガだけど。


関係ないけど、何年か前に田中真弓のお子さんにお会いして。 田中真弓って、アニメ版「ONE PIECE」でルフィの声をやってる声優さんね。


ホンダの販売店に行ったら店の隅の方でジャグリングをしているお兄ちゃんががいて。家族でその様子を見ていたら、知り合いの店長さんが「実はあの人は…」と素性を教えてくれて。


本人と話す機会があったので、長男※王子と次男※皇子に教えようとしたんだけど、きっと田中真弓と言っても分からないだろうからと「このお兄さん、ルフィの子供なんだよ!」と伝えたら、本人に「そうなんですど、違います」と言われて。


ま、そんなエピソードはともかく(笑)、これから「ONE PIECE」読むぞ!って話で。


何だかもう、6巻まですでに何度か泣きそうになったんだけど!

posted by: ※へんにー | 見る聴く読む | 17:48 | comments(4) | trackbacks(0) |-
活動報告

またまた、ここんとこゴブサタ。


しばらくほったらかしにしてたけど、生きてます、元気です。


とりあえず、テレビやソフトや配信サービスなんかで見た映画たちのことを。


「セッション」

ジョナサン・キンブル・シモンズ一世一代の名演技。JKだけで飯が三杯は行けちゃう。面白い映画なんだけど、でも見た人みんな言ってることだけど、ドラムってそういうんでないから(笑)。


「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」

分かっていたのに、やっぱり見て損した。


「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」

でもこれが後の「シン・ゴジラ」につながると思えば...(略)。


「ゴーストバスターズ」

リメイク版の方ね。クリステン・ウィグとかメリッサ・マッカーシーとか、大好物揃いなんだけど、意外とメインはクリス・ヘムズワース。ちゃんと面白い映画でした。


「なんちゃって家族」

すごい。最高。息子役が酷すぎ(褒め言葉)。あと白バイの警官。ジェニファー・アニストンもグッジョブ!最後はうっかり良い映画でびっくり。


「未来世紀ブラジル」

また見ちゃった。一年に一回は見てる、ぼくのベスト5のひとつ。歯の矯正してる女の子と、歌うメッセージガールが大ラブ。


「ヘルボーイ」

ロン・パールマンに胸キュンするとは。おのれ、ギレルモ・デル・トロ。


「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」

半魚人とか敵のボスとか、いいんだよねえ。


「ドッジボール」

ベン・スティラーとヴィンス・ボーンって、日本では受けないよね。我が家は大爆笑でした。主演はもちろんデヴィッド・ハッセルホフ@ナイトライダー。


「ベン・ハー」

リメイク版の方ね。良くも悪くも『超訳」とか「今日のホームラン」とか、そんな感じの出来。「HOMELAND」のファラが!


「ドラムライン」

長男のリクエストにより鑑賞。ドラムの映画はやっぱ熱いね。


「ビリギャル」

何も期待してなかったけど、ついうっかり良い映画で。


「ジョン・ウィック」

カンフーとガンアクションの融合が素晴らしい。ユーモアのセンスもあり、なかなかの拾い物。


「カジノ・ロワイヤル」

マッツ・ミケルセン見たさに、またまた鑑賞。全裸のダニエル・クレイグをいたぶるシーンは、何度見てもワクワクするね。エヴァ・グリーンはノーメイクの方が良いって。


「イップ・マン序章」

速くて見えないの異名を持つドニー・イェンのカンフー・アクション。こってこてのカンフー映画だけど、良いんだもん。そしてまさかの池内博之(笑)。


「マジンガーZ対暗黒大将軍」

劇場で見た当時、衝撃だったよね。


「ターミネーター4」

うーん。何だか小っちゃな話なんだよなあ。


「ターミネーター:新起動/ジェニシス」

どうやっても「T2」をこねくり回したような映画しか作れないんだね、もはや。でもエミリア・クラークに免じて許す。


「ズーランダー No.2」

くっだらねー(笑)。相変わらずのカメオ命!な内容が潔くて面白かった。クライマックスのキャストなんか、本当に最高。


「リベンジ・マッチ」

ジョン・バーンサルが意外にでかい役で良かった。みんな楽しそうで良いんじゃない?


「おおかみこどもの雨と雪」

良い映画だなー。声も良いし。思わず自分に投影しちゃって、ちょっと辛い部分もあったりして。


「ドント・ブリーズ」

今年劇場で見たけど、DVDで再見。何度見てもおもろいんすけど!我らがスティーヴン・ラングの代表作だね。通称「ラ・ラ・ラング」。


「フォレスト・ガンプ」

恥ずかしながら、初見。ずっと食わず嫌いだったけど、最初から最後まで途切れることなく楽しい!主演はゲイリー・シーニーズってことで。


「ベイマックス」

これまた恥ずかしながら初見。すげー良い映画。どうしてこんな良い映画を、誰も教えてくれないんだ。くっそ。


「シンプル・プラン」

ビリー・ボブ・ソーントンが大ご馳走。どんどん悪い方に転がる様が素晴らしい。


「40歳の童貞男」

また同じメンバーじゃねーか。と言われても仕方ないよね。とはいえ、またお前か、セス・ローゲン。まさかのカット・デニングスにテンション上がりました。


「バーン・アフター・リーディング」

ブラッド・ピットの筋肉バカが最高。ジョン・マルコビッチとかティルダ・スウィントンとか、フルコース級の大ご馳走キャスティング。


「ジェシー・ジェームズの暗殺」

ブラピ祭りか。ジェレミー・レナーの目って死んでるよね。


「SEXテープ」

キャメロン・ディアス最高!なぜ日本では公開がドタキャンされたのよ。


「10クローバーフィールド・レーン」

ジョン・グッドマンとメアリー・エリザベス・ウィンステッドの二人芝居!え、あと一人いたっけ?(笑)


「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

字幕版と吹き替え版を一周ずつ。何かまたまた語りたいことが山ほど出てきたよ。オフ会やるぞ。


その他、数え切れないほどの「クレヨンしんちゃん」と「ドラえもん」を見させられて、特にクレしんの映画は面白いんだけど、かなり食傷気味。うぇっぷ。


posted by: ※へんにー | 見る聴く読む | 17:52 | comments(4) | trackbacks(0) |-
聲の型(パチモン)

 とある大型商業施設の入口に行くと、長男※王子(中2)と次男※皇子(小1)が「うるさい」「うるさい」と騒ぎ出す。

 

 どうやら、若者が入口付近にたむろしないように、モスキート音を流しているようなのだ。

 

 うわー、ちっとも聞こえないんですけど!

 

 長男に「聞こえないの?(ニヤニヤ)」と言われるのが悔しくて、ぼくも最近では「うわー、ここうるさい」とのたうち回るようにしている。虚しき抵抗。

 

 もうね、遠くはいくらでも見えるのに近くのものは全然ダメになっちゃったし、モスキート音は聞こえないし、覚醒剤を打つとろれつが回らなくなるし、老いって恐ろしいね。ギフハブ!

 

 若いって、良いね。良いね、若いって。

posted by: ※へんにー | ただのネタ | 08:33 | comments(4) | trackbacks(0) |-
前回までの編集後記は

 最近はめっきり映画館に行けなくなってしまったので、今まで家で見た映画をリストアップ。

 BDとかDVDとかテレビ放送とかネット配信とかとか。

 

「(500)日のサマー」
 やれやれ、恋ってやつは。
「JUNO/ジュノ」
 優しいお父さんがJ・K・シモンズw
「ゴジラ」
 ナンバーワンでオンリーワン。
「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」
 見てるこっちが白目。
「アナと雪の女王」
 家なら歌いたい放題。
「冷たい熱帯魚」
 無駄なラストで台無し。
「キャタピラー」
 気持ちは分かるけど。
「猿の惑星/創世記(ジェネシス)」
 ジェームズ・フランコが好青年てw
「モンスターズ」
 焦らしすぎ。
「グレムリン」
 もっとやれー。
「劇場版 SPEC 〜結(クローズ)〜」
 もはや何が何だか。
「GODZILLA ゴジラ」
 アンディ・サーキス働くなあ。
「マッドマックス」
 何度見ても爆笑と興奮。
「インプリント〜ぼっけぇ きょうてぇ〜」
 爪と指の間はやめて。
「クローバーフィールド/HAKAISHA」
 劇場だったら酔って吐いてたw
「ピープルvsジョージ・ルーカス」
 7を叩いてる奴は見るべき。
「柳生一族の陰謀」
 変な映画だけどクセになる。
「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」
 やっぱり泣けるよ。
「スター・トレック」
 エイブラムス節。
「映画クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国」
 キャラと動物のマッチングが楽しそう。
「ファーゴ」
 ブシェミとメイシーとストーメアって最強か。
「ロッキー」
 胸熱だけど吹替版だと笑える。
「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」
 やっぱ昔の方が良かった?
「スタークラッシュ」
 マンローのアイドル映画。
「帝都物語」
 大好きだけど、やっぱ失敗作だよねw
「007/スカイフォール」
 うわー。むぎゃー。最高傑作ですか。
「RED/レッド」
 おじさんおばさんに任せておけば間違いなし。
「コンタクト」
 モースとフィクトナーとビューシイw
「ノーカントリー」
 バルデム、キモすぎ。
「インターステラー」
 何度見ても泣ける。
「バトル・ロワイアル」
 安定の藤原竜也。
「ローラーガールズ・ダイアリー」
 大好き。特にクリステン・ウィグ。
「Tokyo Tribe トーキョー・トライブ」
 誰がGOサインを出したんだろ。
「ミニオンズ」
 そのままで良いよ。
「モンティ・パイソン ある嘘つきの物語〜グレアム・チャップマン自伝〜」
 っぽかった。
「スターウォーズ/フォースの覚醒」
 賛否両論なのも分かるけど、ぼくは好き。
「REC/レック」
 次から次へと、もう。
「みんなのいえ」
 ちゃんとしたコメディ。
「バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!」
 レベル・ウィルソン!
「インシディアス」
 ローズ・バーンで点数アップ。
「エスター」
 あの女優、何なんだ!
「マチェーテ」
 好きかと思ったら全然合わなかったw
「ブラックホーク・ダウン」
 あーるぴーじー!
「SPY/スパイ」
 ちゃんとしたスパイコメディでびっくり。
「死霊館」
 今度はヴェラ・ファーミガか!
「俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク」
 1作目は良かったけど。公園のとこだけ好き。
「セルラー」
 またメイシーか。あとステイサム。
「グレムリン2」
 やり過ぎw
「女子ーズ」
 劇場で見た人はお気の毒。
「ニック・オブ・タイム」
 クリストファー・ウォーケンの顔芸w

posted by: ※へんにー | 見る聴く読む | 14:56 | comments(0) | trackbacks(0) |-
※へんにー、大地に立つ

 何と、なななんと、約10か月ぶりの更新ですってよ、奥様!!
 いやはや、この10か月ってっゆーか1年半余り、まさに怒涛の日々でござった。ええ、ござった。

 ま、その辺の話はこれからゆるゆるとしていくとして、これからはまた更新しちゃうよ。毒にも薬にもならない話を書いちゃうぞ、っと。

 小学校1年になった次男※皇子。放課後は毎日元気に学童に通っているんだけど、先日同じクラスの友達数人と学童へ行く途中「誰のことが好きかを告白しよう」と言い出したらしい。もちろんみんな恥ずかしがって言わないんだけど、そこで※皇子が提案したのは「ぼくにだけ耳打ちする」というもの。なぜそうなる(笑)。

 いやー、それじゃ誰も乗ってこないだろうと思ったら、何とその場にいた全員が※皇子に好きな子の名前を言ったらしい。何ルール!!

 実は※皇子、その中に自分の好きな女子Mちゃんがいたんだけど、Mちゃんが※皇子に耳打ちしたのは、同じクラスの別の男子。何という運命のいたずら!!

 しかし※皇子はそんなことにめげず、どさくさに紛れて自分がMちゃんを好きであることを本人に耳打ちしたんだそうな。レッツ・ポジティブ(誤)。

 ぼくが夕飯を支度しているときに、そんな話をした※皇子が最後に発した一言。

「あーあ、ぼくも高校生になったら壁ドンとかするんだろうなあ」

 そ、そ、そうなの!?

 高校生になるころまで壁ドン文化が続ているのかどうか。
 そして、そもそもなぜ高校生なのか。

 いずれにせよ、小1の恋は始まったばかり。がんばれー(楽しみが増えたと思っている汚れた大人が約1名)。

posted by: ※へんにー | ただのネタ | 23:46 | comments(8) | trackbacks(0) |-
幸福の条件
 銀幕アキさまこと中田有紀がアジカンのメンバーと結婚。アキさま、狙ってたんだけど。

 北川景子とDAIGOが結婚。北川景子、ロックオンしてたんだけどなあ。

 という話を会社でしたら、Mさんが「※へんにーさんに狙われると幸せになるってことですね」と超ポジティブな発言をお見舞いしてくれて、嬉しいやらくすぐったいやら(本気にしてる!?)。

 昔は「ぼくに土下座すると安産」という都市伝説があったけど(実話です)、ぼくに狙われると幸福になるんですってよ、奥さん!!

 ちなみに今ぼくが狙ってるのは、ジェニファー・ローレンスとレベル・ウィルソン(笑)。

 ってゆーか、久しぶり!! (今その挨拶?)
posted by: ※へんにー | ただのネタ | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) |-
「アントマン」

 マイケル・ダグラス主演の映画「ミクロイドM」を観た。マイケルのMね(笑)。


 ええー。あれってポール・ラッドの「アントマン」だったの。そうかそうか。247、247。


 パワーとスケールのデフレが果てしなく続くMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中にあって、思いきり逆のミクロな世界に突入した、新機軸のヒーロー・アクション。今までにない世界を見せてくれ、ぼくは美味しくいただきました。


 最近の「都市ひとつ壊せば気が済むんだろ」的な内容に食傷気味だったので、カーペットが焦げるとか窓ガラスが割れるとか天井に穴が開く程度の小規模な感じが実に心地よくて。


 ってゆーか、脇を固めるのがマイケル・ペーニャにジュデイ・グリア、そしてまさかのデビッド・ダストマルチャンって。


 ぼくの大好きなマイナー俳優ばっかりじゃないすか!


 俺丼(おれどん)じゃないすか!!


 もうね、話とか演出とかまで目が行かないわけ。ペーニャのテキトー演技とか、グリアの困り顔(超キュート!!)とか、ダストマルチャンのむかつくもみ上げとか(笑)。


 とはいえ、やはりミクロの世界をとことんこだわって描き出したビジュアルは、お見事の一言。アントマンが迷いこむ世界は、まさにリアルとファンタジーがごちゃ混ぜになった異空間。


 伏線の張り方と回収のバランスも、回収するものとしないものの取捨選択も含めて丁度良く、大人の仕事だなあ、と。


 ただ本編まるごと、ラストシーン(もしくは次回作)のための壮大な予告編という気がしないこともなく、ほんのちょっぴり騙されたような気分になるのも事実。ま、これはMCUすべてに言えることなんだけどね。


 さーて、次は「キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー」だよ。もちろんアントマンは、アイアンマン側ではなくて、キャップ陣営だけどね(笑)。



posted by: ※へんにー | 見る聴く読む | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-
「キングスマン」

 マーク・ストロング主演の映画「教官はつらいよ」を観た。


 えー。あれってコリン・ファースの「キングスマン」だったの。そうかそうか。そうだったそうだった。


 マシュー・ヴォーン最高。マシュー・ヴォーン万歳。マシュー・ヴォーン変態(誉め言葉)。


 「キック・アス」よりも残酷さはあっさりめ、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」よりもスパイ要素がモリモリ。本家の「007」があんな感じ(笑)だから、マシューは魅力的なガジェットでいっぱいのスパイ映画を撮りましたとさ。


 オッサン好きなぼくからすれば、コリン・ファースとマイケル・ケインとマーク・ストロングのスリーショットが見られただけで、もうお満足。


 マシュー作品って奇抜な演出で有名だけど、意外と話が面白いんだよねー。今回もうだつの上がらない普通の少年が、先天的な能力と偶然的かつ必然的なチャンスを得て、竜を倒し、功成り名を遂げて、なおかつ王女まで手に入れてしまう。神話か。スター・ウォーズか。


 終始ニヤニヤしっぱなしなんだけど、クライマックスの連続花火のシーンは、まさに抱腹絶倒。いやー、こんなバカ映画、なかなかお目にかかれないよ。本当に、心底、バカ(笑)。


 せっかく楽しい映画で、続編もできそうなのに、マシューったら今回も一作目だけで監督おりちゃうんだろうな。残念。



posted by: ※へんにー | 見る聴く読む | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) |-